NO IMAGE

ベースジェル(クリアジェル)

ベースジェル(クリアジェル)とは

ベースジェル(クリアジェル)とはカラージェルを塗る前に、
下地として塗布(とふ)する透明のジェル
 
メーカーによってジェルの硬さ(硬化前の塗りやすさが違います。)や
サンディングの有無があります。
 
またクリアジェルとも呼び、ベースジェル、トップジェルが1つになったメーカーもあります。
 
純国産ジェルが凄い!初心者おすすめネイルキットとは
 

ベースジェルの必要性とは?

ネット動画でも最近よく目にするのが、
ベースジェルも塗らずに直接カラージェルを塗り仕上げる行為。
 
実はとても危険な行為です。
 
ベースジェルを塗る事でジェルネイルの定着を良くし、
カラージェルによる色素沈着を防ぎます。
 
多くのセルフジェルネイラーさんがジェルネイルで自爪の色が変色してしまう原因がこのベースジェルを塗らずに施術しているからです。
 

ちなみにマニキュアも同様でベースコートを塗らないと剥がれやすく、
自爪も色素沈着してしまうので注意が必要です。
https://self-gelnails.com/self-gelnail-notes6/

ベースジェルの塗り方のコツ

爪の根元やサイドラインはジェルを薄く塗るのがポイント!
 
厚くのせてしまうとジェルが流れてしまいその結果、
ジェルが皮膚に付着して浮きの原因になります!
 
薄く塗ることで流れず、付着しにくくなります。
 
また、エッジ(爪の先端の断面)も忘れずに隅々まで塗りましょう。
 

ジェルが皮膚に付着したらウッドスティックでジェルを取り除き、硬化させます。
皮膚についたまま硬化すると浮きの原因になり、
最悪は火傷する事がありますので注意しましょう!
https://self-gelnails.com/heat-of-curing/

カラージェルのはみ出した時の修正に!

カラージェルでフレンチネイルにしたり、ブロックネイルなどのアートをする時、
はみ出して形が崩れてしまうことがありますよね。
 
そんな時はクリアジェル(ベースジェル、トップジェルどちらでも可)を筆にほんの少量付けて拭い(ぬぐい)取るように修正すると綺麗に仕上がります。
 
クリアジェルが多いと修正したあとカラージェルが
滲んで(にじんで)しまうので注意してください。
 
https://self-gelnails.com/block-nail/

ジェルネイルの持ちを左右するベースジェル

ベースジェルはジェルネイルの持ちを左右させる重要なアイテムです。
 
塗り方はもちろんベースジェルの品質によって持ちの良さが変わってきます。
 
ベースジェルを選ぶ時は品質を重視しましょう。
 
ベースジェル、カラージェル、トップジェルは同じメーカーで揃えた方が良いとされています。
 
確かに違うメーカーを使用する場合、相性が悪いと剥がれてしまう事もありますが、
もし今使っているジェルの持ちが悪いならベースジェルを良いものに変えてみるのも一つです。
 

これからジェルネイルを揃える初心者さんは
始めはメーカーを揃えることをおすすめします。

 
https://self-gelnails.com/peel-off-self-gel-nail/
 
↓おすすめのベースジェル
[affi id=3]

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!